九谷茶碗まつりは石川県能美市で開催される九谷焼の陶器市です。

陶器市期間中は、九谷焼の割引販売やアウトレット品の販売などがおこなわれます。

九谷茶碗まつりの会場は、金沢駅から車で40分ほどの場所で、県外からも多くの来場者が訪れています。

 

 

スポンサーリンク

 

九谷茶碗まつり 日程・期間

 

九谷焼の陶器市「九谷茶碗まつり」は毎年5月3・4・5日のゴールデンウィークに開催されます。

開催回数はすでに100回を超えている歴史ある陶器市です。

 

日程:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)
期間:3日間
時間:8:30~18:00
会場:石川県能美市 九谷陶芸村特設会場

 

 

 

 

 

九谷茶碗まつりはどんな陶器市?

 

九谷茶碗まつりは、九谷焼を通常価格の2~3割というお買い得価格で購入できる陶器市です。

B級品(アウトレット品)なども販売され、半額の5割引またはそれ以上で購入できるとあって人気となっています。

普段市場に出まわることのない、九谷焼のアウトレット品などの掘り出し物を購入できるのは陶器市だけですので、多くの来場者たちのお目当てとなっています。

九谷茶碗まつりで出店、販売するのは窯元や卸商などで、伝統工芸士による高級美術品から普段使いの食器までさまざま。

若手作家自ら販売するブースもありますので、作家ものの九谷焼が欲しい方も楽しめます。

日本古来の伝統工芸品である九谷焼ですが、近年は若手作家による、普段使いしやすい現代風のデザインも増えてきました。

九谷茶碗まつりでは、伝統的な九谷焼から新しいデザインまでさまざまな器が並びます。

屋台もあり、石川県能美市の地元グルメを楽しむこともできる陶器まつりです。

 

スポンサーリンク

 

 

九谷焼とは

 

 

九谷焼とは、石川県の南部(金沢市、小松市、加賀市、能美市)で生産される磁器です。

九谷焼は他の産地の焼き物では見ることができないような、華やかな色絵が特徴です。

江戸時代から始まり360年という歴史がある九谷焼。

その長い歴史の中で様々な作風が生み出されました。

九谷焼の代表的な作風は、

 

 

古九谷(1655年~) 
「古九谷」は、九谷五彩である赤・黄・緑・紫・紺青を使った絵画調の色絵が特徴。
 

古九谷風

 

 

 

 

木米(1807年~)
「木米」は、赤地の上に中国風の人物画が特徴。
 

木米風

 

 

 

 

吉田屋(1824年~)
「吉田屋」は、九谷五彩のうち赤色を使わず、黄・緑・紫・紺青の四彩で描いたもの。重厚さのある画風。
 

吉田屋風

 

 

 

 

飯田屋(1831年~)
「飯田屋」は、赤絵の具で人物や模様などを描き、器全体に精細な描き込みを施している画風。
 

飯田屋風

 

 

 

 

庄三(1841年~)
「庄三」は、西洋の絵の具による中間色を取り入れ、古九谷・吉田屋・赤絵・金襴手の全ての手法を施した画風。
 

庄三風

 

 

 

永楽(1865年~)
「永楽」は、全面を赤で下塗りし、その上に金のみで彩色した画風。

 

 

 

などです。九谷焼は、献上品や海外向けの美術工芸品として輸出されてきたという歴史があり、

有田の柿右衛門、古伊万里、色鍋島や京都の仁清と並び、日本の代表的な色絵陶磁として高く評価されています。

豪華絢爛な色絵が有田焼や伊万里焼に似ているなと感じる方も多いと思いますが、

有田焼、伊万里焼の産地である佐賀県有田町で磁器作りの技術を学び、九谷の地で始まったのが九谷焼(古九谷)の始まりだからです。

 

 

九谷焼 皿揃 時代絵 5種類

 

 

 

宿泊・ホテル


 

石川県能美市「九谷茶碗まつり」周辺の宿泊施設やホテルです。

良い宿が多くありますので、温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?
 

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

九谷茶碗まつり前夜祭

九谷茶碗まつり前夜祭(九谷焼絵付体験)

日程:2018年5月2日(水)
時間:18:30~21:00
会場:能美市ふるさと交流研修センター「さらい」
定員:赤絵15名、色絵15名(定員に達し次第〆切)
参加費:3,000円
講師:福島武山、福田良則

 

スポンサーリンク

 

 

九谷茶碗まつりのイベント

特設会場・本部テント
・九谷焼自動販売機 設置
・九谷焼の器で食す地域グルメ
・九谷焼干支ボトルの丸いも焼酎「のみよし」限定販売
・窯元、作家工房めぐり

 

九谷陶芸館
・絵付け体験「ひゃくまんさん」

 

九谷焼美術館
・九谷茶会
・九谷焼といけ花展

 

九谷焼資料館
・5/3(木・祝)のみ 名品鑑定相談
・九谷焼作家が描く九谷ネイル(予約制)
・第41回伝統九谷焼工芸展
・九谷名品入札会

 

 

 

九谷茶碗まつり アクセス・駐車場

九谷茶碗まつりへのアクセスは、JR能美根上駅から会場までシャトルバス(往復200円)が運行されます。

車で行く場合、九谷茶碗まつり会場周辺には駐車場はありません。

会場から離れた場所にある「粟生工業団地」の駐車場を利用できます。

粟生工業団地駐車場から九谷茶碗まつり会場までの間は、シャトルバスが運行されます。

シャトルバスは往復で200円です。

 

 
粟生工業団地駐車場(無料・1200台)
石川県能美市粟生町西61-4

 

 

 

まとめ

九谷焼は石川県の伝統工芸品であり、古陶磁、美術品としても名高いのですが、

九谷茶碗祭りでは、日常で使える食器などの器がお安い値段で購入できる陶器市です。

伝統的なデザインや若手作家たちによる新しい作風、日用品から美術品まで、この機会にぜひじっくりご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク