京都の焼き物といえば「京焼(きょうやき)」と「清水焼(きよみずやき)」という名称を聞いたことがあると思いますが、京焼と清水焼の違いはいったい何でしょうか。




京焼と清水焼の違い

「京焼」とは、江戸時代の頃に、京都市内各地で生産された焼き物(清水焼、粟田口焼、御室焼、八坂焼、音羽焼、御菩薩池焼など)の総称を「京焼」と呼んでいました。

しかし、時代の流れとともに清水焼のみとなってしまい、現代では「京焼=清水焼」と認識されています。

現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。

伝統工芸品(経済産業大臣指定)としての正式名称は「京焼・清水焼」です。



スポンサーリンク



京焼と清水焼の歴史

京焼が生産され始めたのは、安土桃山時代です。

江戸時代になる頃には、茶の湯(現在でいう茶道)が流行し、茶の湯の流行に伴い、茶碗、茶入などの陶器の製造が盛んになりました。

もともと茶の湯(茶道)は、公家や大名など、一部の上流階級の人たちのもので、京焼は公家や大名への献上品として茶器の製造をおこないました。

このころに、高度な技法を持つすぐれた京焼の陶工たちが現れ、世に京焼が知られることとなったのです。

安土桃山~江戸時代は茶の湯(茶道)の流行により京焼は繁栄しましたが、明治時代になって茶の湯が衰退し、茶器の製造が激減、清水焼以外は無くなってしまいました。





清水焼は、京都を代表する伝統工芸品のひとつです。

公家や大名への献上品をつくり続け、野々村仁清や尾形乾山、奥田頴川、青木木米といった数々の名工を生み出し、美術品としても名高い焼き物です。

高度な技術が必要であったため、一つ一つ手作りの清水焼はお値段はやはり高めです。

しかし、格安で販売されている茶碗や湯呑みなどを見かけますが、どうしてこんなに安い清水焼があるのでしょうか。

このような安価で販売されている清水焼は、機械による大量生産品のため、お安い値段で購入できます。

大量生産ではない清水焼は、生産できる数がひじょうに少ないため、京都に行かなければ実物を目にする機会は少なくなっているという、貴重な焼き物となっています。



スポンサーリンク