宮城県柴田郡村田町で開催される「みやぎ村田町 蔵の陶器市」では、地元はもちろんのこと、東北地方や関東などの陶芸家の作品も集まります。

60以上の窯元が陶器の展示や販売をします。

村田町陶器市の会場となるのは、江戸時代から残る商家の店蔵や空き店舗。

使われていない蔵を活用して、県内外の陶芸家の作品を展示販売する毎年恒例のイベントです。

町を歩きながら、作家たちの作品を見てまわったり、店内に入って陶器を購入することができます。


スポンサーリンク

宮城村田町陶器市 日程・時間

宮城県で開催される「みやぎ村田町 蔵の陶器市」の日程は、例年10月中旬の3日間です。

2018年は10月12日(金)、13日(土)、14日(日)です。

時間は、10時から17時30分(最終日は15時30分)です。

村田町陶器市の会場の場所は、宮城県柴田郡村田町周辺です。

村田町役場から東へ歩いて徒歩2分ほどの場所にあります。

宮城県の南部に位置する村田町は、緩やかな丘陵が町の7割を占めています。

町の中心部は山に囲まれた盆地であり、京都に似た地形となっています。

江戸時代から残る土蔵造りの店舗は、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。



宮城村田町陶器市の見どころ

宮城県柴田郡村田町には江戸末期、紅花で繁栄した蔵がいくつかありますが、その後手つかずとなり空き店舗になっています。

しかし、店蔵を見てみるととても豪勢な作りをしていて、当時の栄華を今の人々に伝えてくれています。

店蔵は私有地のところばかりですが、みやぎ村田町蔵の陶器市の会場になっているところは所有者から理解をいただいて借りているのだということです。

村田陶器市ではもちろん、伝統的な建物の店蔵を訪れられるというだけでなく、全国から集まった窯元たちの陶器を見比べながら、購入したりすることができます。

村田町陶器市では、店内をのぞくと、古い建物の内装と展示された作家たちの作品が、見事にマッチし良い雰囲気を出しています。

江戸時代後期から昭和初期に商いをされていた指折りの豪商・村田商人やましょう記念館も見ることができますよ。

夕暮れ時の時間になると、常夜灯に灯りがともされて、とても美しい光景が広がります。

多くの陶芸家たちの作品を見て回るだけでも、あっという間に一日は過ぎていきますよ。


スポンサーリンク



村田町陶器市 ホテル・宿泊施設

宮城県柴田郡村田町で開催される「みやぎ村田町 蔵の陶器市」周辺の宿泊施設ですが、

蔵王町方面に行くと良い宿が多くあります。陶器市会場から車で20分ほどです。



■遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠
(宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町1)

「旬菜湯宿」というだけあって、新鮮な食材を使ったお料理は手が込んでいます。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠



■時音の宿 湯主一條
(宮城県白石市福岡蔵本鎌先1-48)

大正時代のような趣のある建物で、お料理は個室でいただく会席料理です。


鎌先温泉 時音の宿 湯主一條



その他の周辺ホテル・宿泊施設を見てみる
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】



村田町陶器市 駐車場

宮城県村田町の陶器市へ公共交通機関で行かれる場合は、JR東北本線の大河原駅でおりてバスに乗り換えます。

宮城交通路線バスに乗車し、20分ほどの「村田・川崎」で下車してください。

村田町陶器市の駐車場は、会場周辺に3カ所、設けられます。

陶器市会場から一番近い村田町役場の近くにある駐車場は70台、塩内公園は300台、村田町町民体育館付近にある駐車場は100台停めることができます。

 



スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket