信楽作家市は滋賀県甲賀市信楽町で開催されます。

160名を超える作家たちによる、陶器の展示即売のイベントです。

地元の作家だけでなく県外からも作家たちが集まります。

信楽作家市は、開催回数は多くないものの、年々人気が上昇し、今や大人気のイベントとなっています。

人気作家のブースは開店前から並んでいるお店も多くあります。

同時期には信楽駅前で陶器市が開催され、町は陶器のお祭りでにぎわいます。



スポンサーリンク

信楽作家市 日程・場所

信楽作家市(しがらきさっかいち)は毎年5月2日〜5日の4日間、ゴールデンウィークに開催されます。

2018年は5月2日(水)〜5日(土)となります。

信楽作家市の場所は、滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7「陶芸の森 太陽の広場」です。

青空の下、広々とした芝生の広場での開催で、気持ち良いですよ。

■滋賀県立陶芸の森




信楽作家市とは

信楽作家市は、地元の作家以外に、県外からも陶芸家が集まり、約140名の作家たちが出店します。

人気作家や、ギャラリーを持っていたり、個展などをおこなっている活躍中の作家なども出店し、大変にぎわいます。

しがらき作家市は、年々人気が上昇し、お目当ての作家のファンなども訪れる大人気のイベントとなっています。

市場価格よりもお安く購入することができたり、作り手である作家との会話を楽しんだり、信楽作家市ならではの楽しみどころがあります。

滋賀県甲賀市信楽町といえば「信楽焼」で有名な町ですが、信楽作家市では、作家によるこだわりの作品、自身の作風を生かした作品などが並びます。

信楽の陶芸の森にはたくさんのテントが並び、個性豊かな作品たちを見ることができます。



スポンサーリンク



信楽作家市はどんな陶器市?

信楽作家市では、主に普段使える食器などの器が並び、その他にはオブジェなどが販売されています。

作家の器というと、少々お値段の高いものが多くなりますが、

信楽作家市では、お値段が手ごろのものも多くあり、掘り出し物なども並びます。

掘り出し物などのお買い得商品は、こういったイベントならではですよね。

販売されている作家たちの器は、ポップなデザインやかわいいらしいデザイン、土の味わいを存分に生かしたもの、木やガラス、ステンレスでできた食器など多様です。

それぞれ味わいのある作風の作品が一同に集まり、楽しめるイベントです。

人気作家の人気の作品は、初日の朝早くに売り切れてしまいますので、お目当ての品があれば、初日の朝早くに訪れると手に入れることができるでしょう。




信楽作家市 アクセス・駐車場

信楽作家市の会場は、滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7「陶芸の森 太陽の広場」となります。

信楽作家市へのアクセスですが、JR草津駅で草津線に乗り「貴生川駅」下車、信楽高原鐵道「信楽駅」で降ります。

信楽駅から陶芸の森へは徒歩20分、バスで5分の距離です。

駐車場は無料で陶芸の森内に4カ所あります。普通車約250台、大型バス約10台です。

信楽作家市は大勢の来場者が訪れる人気イベントに成長しており、昼近くに訪れるとはげしい渋滞に巻き込まれます。



スポンサーリンク