信楽陶器まつりは滋賀県甲賀市でおこなわれ、10月に開催されます。

毎年にぎわいを見せる恒例の信楽焼の陶器市です。

信楽焼といえば、たぬきの置き物で有名ですが他にもさまざまな器が並び種類が豊富です。

即売会なども行われ、屋外の開放的なスペースに、たくさんの窯元が出店します。

信楽陶器焼まつりでは屋台やなども出店し大変にぎわいます。

陶芸の森でおこなわれる「信楽セラミックアートマーケット」では作家たちによる個性豊かなこだわりの作品が並びます。


スポンサーリンク

信楽陶器まつり 日程・時間・場所

信楽陶器まつりの日程は、毎年「10月の体育の日を含む3連休」に開催されます。

2017年は10月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)の3日間です。

時間は9時から17時です。(最終日は16時まで)


信楽陶器まつりの場所は、

・信楽地域市民センター周辺(駅前会場)
・陶芸の森

の2会場が、信楽陶器まつりのメイン会場となります。





「信楽地域市民センター」周辺の特設会場では、地元の窯元や陶器店による信楽焼の陶器市、大即売会が開催されます。

茶碗やお皿などの普段使いの食器だけでなく、睡蓮鉢やメダカ鉢、植木鉢や花器、傘立てなど大型の陶器なども販売されています。

信楽の土はコシが強く大型陶器の制作にも向いているという一面があるからです。






家で使用している土鍋をそろそろ買い替えようかな、と考えている方は、信楽焼の土鍋もおすすめですよ。

信楽焼の土鍋で使用される鍋土(なべつち)は、急熱急冷に耐え、直火に強いという特徴があります。

信楽焼のたぬきの置物は、和食のお店の店先などで見かけますが、「たぬき→他抜き→他を抜く」ということから、商売繁盛の縁起物とされています。

地元の方によるフードコーナーもあり、手打ちそばや焼シイタケ、お土産は信楽の「朝宮茶」なども販売されています。



■信楽地域市民センター(滋賀県甲賀市信楽町長野1203)




信楽セラミック・アート・マーケット




信楽陶器祭りの会場である陶芸の森では、作家たちが主体となる「信楽セラミック・アート・マーケット」が開催されます。

駅前でおこなわれる信楽焼の陶器市とは趣が変わり、信楽セラミック・アート・マーケットでは、作家による、自身の作風を表現したこだわりの作品などが並び、販売されます。

出店者は、滋賀県内に在住、在勤の作家で、自らが制作した作品の販売を行い、作り手と使い手が出会える場となっています。

陶芸の森の太陽の広場には、160名以上の出展者のテントが並び、自身の作風を生かした作品たちを見ることができます。

ゴールデンウイークになると同じ場所で、「信楽作家市」が開催されます。

信楽作家市は滋賀県内だけでなく、県外からも作家があつまり、同じように作家たちの作品が展示、販売されます。

どちらも年々人気が急上昇しているイベントですので、ぜひ訪れてみて下さい。



■滋賀県立陶芸の森(滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7)




信楽陶器まつり 周辺ホテル・宿泊施設



信楽陶器まつり駅前会場から徒歩3分のところにある「窯元散策路」では、散策路沿いにある、窯元やギャラリーを見学することができます。信楽陶器まつりでは、

・信楽陶器まつり
・信楽セラミック・アート・マーケット
・窯元散策路


と楽しみどころがあります。

また、たぬきのお風呂に入ることができる宿がありますので、旅行がてら宿泊されてみてはいかがでしょう。



信楽陶器まつり周辺おすすめの宿



■炎の里信楽の宿 小川亭(信楽駅より徒歩10分)
滋賀県甲賀市信楽町長野876




信楽陶器まつりへ宿泊で行くのであれば、かわいいたぬきのお風呂に入れる「炎の里信楽の宿 小川亭」がおすすめです。

お料理は、近江牛、キジ鍋、ボタン鍋、信楽焼の器でいただく季節会席などが選べます。

炎の里信楽の宿 小川亭






■ホテル レイクヴィラ(信楽駅より南へ車で20分)
滋賀県甲賀市信楽町多羅尾1




ゴルフコースやテニスコート、温水プール、天然温泉や露天風呂、サウナなどがあるリゾート施設です。宿泊はホテルかコテージを選べます。

ホテル レイクヴィラ




■その他の周辺のホテル・宿泊施設

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】




信楽陶器祭りへのアクセス


信楽陶器祭りへのアクセスは、電車で行かれる場合は、まずJR草津駅まで行き、草津線に乗り、貴生川駅で降ります。

信楽高原鐵道に乗り信楽駅でおりたら、歩いて3分ほどのところに信楽陶器祭りのメイン会場である「信楽地域市民センター」があります。

この周辺が大即売会会場となります。

「陶芸の森」会場へは、駅から歩いて20分(車で5分)です。

信楽地域市民センターから陶芸の森へ行く場合はシャトルバスが出ていますので、シャトルバスで5分(徒歩15分)です。










信楽陶器まつりの駐車場

信楽駅から信楽陶器まつりの会場方面側には、いくつかの駐車場があります。

普通車1,000台、大型車30台分の駐車場が用意されています。

信楽陶器祭りは多くの人々が訪れますので、毎年混雑、渋滞となっています。

車で行きたいという方は、駐車場を確保するために早めに出掛けられることをおすすめします。


スポンサーリンク