多治見陶器まつりは、古くから焼き物の街として知られる岐阜県多治見市で毎年行われている、美濃焼の陶器市です。

多治見市にある陶器商たちが、普段では考えられないようなお得な価格などで、美濃焼を提供しています。

日常使いのものがたくさんあり、安くて種類が豊富。

多種多様な美濃焼がそろっていて、食器も和、洋ありますし、子供用から業務用などもありますよ。

春に、たじみ陶器まつりを訪れることが恒例となっている方も多く、20万人の人々が押し寄せます。

 

スポンサーリンク

多治見陶器まつり 日程・時間

たじみ陶器まつりが開催されている日程は、毎年4月の第2週の土曜・日曜日です。

2018年は4月7日(土)・8日(日)となります。

時間は1日目が9時から18時、2日目は9時から17時です。

岐阜県の多治見市、土岐市、瑞浪市は、全国の食器の生産の約50%以上を占めるという美濃焼の産地です。

日本一の生産量で、知らぬ間に皆が慣れ親しんでいる焼き物です。

生産されているのは日常的に使用する食器などです。

多治見陶器まつりは美濃焼が安く買える陶器市で、数百円、高くても千円程度というものが多くあります。

メイン会場である本町オリベストリートには、多治見じゅうの陶器商が集まり、お買得価格で陶器の販売が行われます。

 

 

 

 

多治見陶器まつり 場所・アクセス

会場となる場所は、岐阜県多治見市本町にある「本町オリベストリート」がメイン会場、周辺一帯が会場となります。

 

■本町オリベストリート(岐阜県多治見市本町5~6丁目)

 

 

多治見陶器まつりへのアクセスは、電車で行く方は、JR多治見駅から歩いて10分ほどで到着します。
多治見駅は、JR名古屋駅から快速に乗れば35分くらいの場所です。

商店街を通り多治見橋を渡れば、本町オリベストリートがあります。

多治見駅から多治見陶器まつり会場まで少し距離がありますが、当日は無料のシャトルバスが走っていますので利用してください。

シャトルバスは、会場まで歩いて1分ほどの市役所に到着します。

 

スポンサーリンク

 

本町オリベストリート

 

 

多治見陶器まつりのメイン会場である本町オリベストリートは、駅から徒歩10分の場所にあります。

明治~昭和初期まで、美濃焼の陶磁器問屋が並び、多治見の商業の中心として栄えた通りです。

美濃焼の卸売業者たちは、見本を持って精力的に地方へ売りに行き、美濃焼を全国に運ぶ馬車や人力車がこの通りを盛んに通ったそうです。

現在の本町オリベストリートは、当時の面影を残す蔵や商家が残され、綺麗に整備されています。

陶器店を中心に、古い町並みを利用したお店が並んでいます。

焼き物の町でよくある、窯元が並んでいるというのではなく、おもに陶器商などの陶器店が並んでいます。

他には、骨董店やギャラリー、蕎麦屋、郷土料理屋、カフェ併設のパン屋などの飲食店もあります。

町並みを楽しみながら、陶器のお買い物ができる場所で、多治見陶器祭りは開催されます。

 

スポンサーリンク

 

 

たじみ陶器まつり西通り

 

多治見銀座商店街アーケードでは、「たじみ陶器まつり西通り(旧:多治見クリエーターズ・マーケット)」が開催されます。

多治見駅から南へ徒歩5分ほどの場所です。

「たじみ陶器まつり西通り」では新人作家や若手作家の作品が並びます。

岐阜県多治見市には陶芸専門学校が2つもあり、地元だけでなく全国からも陶芸を学びに若者たちが集まります。

「たじみ陶器まつり西通り」では、多治見で陶芸を学んで作家となった若者たちや、陶芸を学ぶことができるというこの環境に移り住んだ陶芸家たちなどによる作品を販売しています。

 

 

■多治見銀座商店街アーケード(岐阜県多治見市新町2丁目)






 

 

 

多治見陶器まつり 駐車場

多治見陶器まつり会場周辺には、駐車場は用意されていませんので、JR多治見駅周辺の市営駐車場(有料)を利用するか、

多治見運動公園付近の特設駐車場(無料)を利用することとなります。

特設駐車場から会場までは無料シャトルバスが出ています。

 

 

■星ヶ台特設駐車場(多治見陶器まつり特設駐車場)
岐阜県多治見市星ケ台3丁目7

 

 

スポンサーリンク

 

 

市之倉陶祖祭



 

多治見陶器まつりと同時期に「市之倉陶祖祭」が開催されます。

場所は、多治見陶器まつり会場から、南へ車で10分ほどのところにある、多治見市市之倉町です。

1000年以上前から焼き物を作り続けてきた市之倉町の、歴史ある窯元たちが開く祭りです。

市之倉陶祖祭は、多治見陶器祭りと同じ日程の開催で、4月の第2土曜日と日曜日に行われます。

会場は「市之倉さかづき美術館」を中心とした場所です。

 

 

■市之倉さかづき美術館(岐阜県多治見市市之倉町6丁目30-1)

 

 

メイン会場の市之倉さかづき美術館では、テントを張ったお店がズラリと並び、窯元直売の陶器の品々が並びます。

市之倉陶祖祭は、古民家の風情や、人間国宝である加藤卓男のギャラリーなども楽しめ、趣があります。

また、町内に点在する16の窯元を見学、散策することができます。

点在する窯元は無料のシャトルバスでまわることができますので無理なくまわれるでしょう。

あちらこちらに咲く桜を見ながら窯元の散策が楽しめますよ。

 

 



 

陶器商たちが販売する多治見陶器まつりとはまた違った感じを楽しむことができる陶器祭りです。

幸兵衛蔵出し市や餅まき、陶芸の体験などのイベントも行われ、フードコーナーも有りにぎわいます。

多治見陶器まつりに行くのであれば、ぜひ市之倉陶祖祭へも行かれることをおすすめします。

市之倉陶祖祭へのアクセスはJR多治見駅から無料のシャトルバスがでています。

 

 

 

周辺ホテル・宿泊施設

岐阜県多治見市で開催される「多治見陶器まつり」は、

・日常使いできる美濃焼が安く買える
・作家ものの作品が並ぶゾーンもある
・市之倉陶祖祭で窯元見学

 

と盛りだくさんの内容となっています。

県外から来られてもじゅうぶん楽しめる内容となっていますので、「焼き物の街」へ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

スポンサーリンク

 

 

LINEで送る
Pocket