土岐美濃焼まつりは、岐阜県土岐市でゴールデンウィークに開催されます。

日本三大陶器まつりの一つに数えられています。日本三大陶器まつりとは、佐賀県の有田陶器市、愛知県のせともの祭と土岐美濃焼まつりの3つです。

このエリアとしては、土岐美濃焼祭りは毎年30万人が訪れるという、最大規模な陶器市となっています。

卸商社による大量販売だけでなく、個人の作家による器の販売もありますから、こだわりの器がほしい方にもぴったりです。

土岐陶器祭りは、県外からも多くの方々に来場していただくことで、美濃焼をさらに繁栄させること、

さらには地域振興として市内のあちこちを周遊してもらおうという取り組みが行われています。


スポンサーリンク

土岐美濃焼まつり 日程・時間

土岐美濃焼まつりが開催される日程は、毎年5月3日・4日・5日の3日間です。

2018年は5月3日(木・祝)~5日(土)の開催となっています。

時間は9時から17時となっています。

毎年の傾向を見てみると、3日間ある開催日程の中で土岐美濃焼祭りに訪れる人が特に多いのは、1日目の5月3日です。




土岐美濃焼まつりはどんな祭り?

土岐美濃焼まつりは、国内の陶磁器の生産の半分以上を占める美濃焼の、生産量日本一を誇る土岐市での開催です。

卸商社たちによる年に一度の大放出ですから、品数、種類がとても豊富で、格安品、お値打ち品、アウトレット品と、お買得な品々が並びます。





土岐美濃焼き祭りでは、

・織部ヒルズ内のショップや卸商社の倉庫を開放した「蔵出し市」
・卸商社のテント(90店)
・全国から集まった作家たちのテント(160店)


など、卸商社による美濃焼の販売や、全国から集まった作家たちの作品が販売されます。

特に、卸商社やショップが自社の倉庫を開放して、在庫品を並べ販売する「蔵出し市」は、品数、種類とも豊富で、格安価格の掘り出し物がありることから人気となっています。

また、土岐美濃焼まつりは、陶磁器の販売だけでなく、スタンプラリー、ろくろ体験コーナー、大道芸人のパフォーマンスなどのイベント、飲食・屋台広場などもあり、盛大に開催されます。


スポンサーリンク



織部ヒルズ

「織部ヒルズ」って何?と思われる方もいらっしゃると思いますが、織部ヒルズとは、美濃焼の卸商社が60社集まった地区で、その地区の名前が「織部ヒルズ」といいます。

織部ヒルズは、会社の倉庫が立ち並ぶ工業団地のようなところで、名古屋ドーム数個分という広大な敷地にあります。



■織部ヒルズマップ





敷地内には一般向けの小売りのお店がいくつかあります。祭り以外の普段の日に訪れても卸商社の直営店でお買い物ができますよ。

美濃焼のお店以外にも小物や雑貨などの店、飲食店などもあります。

秋になると織部ヒルズでは「オータムフェア」などのイベントも開催されますから、その時期に来てみてもよいでしょう。

土岐美濃焼まつりでは、この広大な敷地内が歩行者天国となり、道路の両脇にずらりとテントが張られます。

卸商社のテントや作家たちのテントが並び、卸商社やショップの倉庫を利用した「蔵出し市」なども開催されます。






周辺ホテル・宿泊施設

地元の卸商による美濃焼の販売だけでなく、全国から集まった作家たちの、作品の販売も来場者のお目当てとなっています。

広大な敷地で開催されるにぎやかな陶器市へ、県外からもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。


岐阜県土岐市「土岐美濃焼まつり」
周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】




土岐美濃焼まつり 場所・駐車場

土岐美濃焼まつりの会場となる場所は、岐阜県土岐市泉北山町3丁目1番地にある、土岐美濃焼卸センター「織部ヒルズ」です。

土岐美濃焼まつりの駐車場は、以下の臨時駐車場を利用できます。


1.TOTOウォシュレットテクノ(岐阜県土岐市泉町大富1916-165)無料 1000台
2.ポリテクセンター岐阜(土岐市泉町定林寺字園戸963-2)無料 500台
3.日本トムソン(土岐市泉町久尻字北山1431番)無料 1000台
4.土岐市駅北有料駐車場 有料 350台


一番近い駐車場は、会場南側にある、「TOTOウォシュレットテクノ」と「ポリテクセンター岐阜」です。

どちらも会場まで徒歩5~7分ほどです。

「日本トムソン」「土岐市駅北有料駐車場」の駐車場からは会場まで、無料のシャトルバスが出ています。


スポンサーリンク