2019年秋、念願の常滑焼まつりに行ってきました♪

30歳を超えたあたりから、急に陶器製の器の美しさに気が付いた私。

いつか陶器市に行ってみたいと思いつつ、子供が小さかったためなかなか行けず。

スーパーへ買い物に行くのでさえバタバタなのに、ましてや陶器なんて・・・嫌な予感しかしない(‐‐;)

がしかし、今年は違う。

下の子もまあまあ言う事を聞けるようになってきたし、上の子は友と遊ぶと言う。

真ん中の女子は相変わらずうるさいが、暴れはしないだろう。

大人2人で行けばどうにかなる・・・絶対行く!と密かに思っておりました。

普段土日もお仕事な夫ですが、珍しく休みが取れたと吉報が。

ついに、ついに、行ってきましたヨ☆

『常滑焼まつり』!( *´艸`)ウフフ

 

【楽天トラベルの割引クーポンをまとめました!】
  ↓ ↓ ↓

2019年 常滑焼まつり


 

常滑焼まつり開催情報
 ↓ ↓ ↓

【開催日時】

2019年10月5日(土)  9:00〜17:00
2019年10月6日(日)  9:00〜16:00
 

【会場】

◎ボートレースとこなめ
◎セラモール
◎やきもの散歩道
◎イオンモール常滑
 

【駐車場】

◎ボートレースとこなめ
駐車場 約3000台(無料)
※2019年10月現在、西駐車場の一部を閉鎖中。南駐車場もあり。

◎セラモール
駐車場 約300台(無料)

◎やきもの散歩道
やきもの散歩道駐車場 約45台(24時間/1区間300円)
陶磁器会館駐車場 約40台(休日/普通自動車500円、二輪車300円)
※お祭り当日は無料になるという情報もありますので、要問い合わせ。

◎イオンモール常滑
駐車場 約4000台(6時間以内なら無料、以降は30分/200円) 
 

【会場アクセス】

◎電車 ※最寄り駅「常滑駅」
名鉄名古屋駅より「名鉄常滑線」特急 約30分
中部国際空港駅より 約5分

◎無料シャトルバス
常滑駅⇔ボートレースとこなめ⇔りんくう常滑駅(イオンモール常滑)⇔セラモールの間を、30分おきに運行。

◎無料マイクロバス

A.ボートレースとこなめ
B.ファミリーマート常滑栄町
C.INAXライブミュージアム
D.日本モザイクタイル
E.常滑焼ヤマタネ
F.とこなめ陶の森
G.散歩道南大駐車場
H.陶磁器会館

※A~Hの順で巡回しAに戻る。 

———————————————————————————————————-

常滑焼まつりに行ってきました

私達が参戦したのは2日目。本当は1日目も行きたかったが仕方ない。

今回はとにかく陶器を沢山愛でたかったので、一番大きな会場『ボートレースとこなめ』へ行く事に。

会場の一つであるやきもの散歩道は、以前も行った事があったのですが、ボートレースとこなめはこの日が初めて。

会場までの道や駐車場も混雑するだろうと考え、少し早めに出る事にしました。

開始時間10分前の8:50頃には駐車場に到着。待つ事なく、スムーズに駐車する事ができ、ホッと一安心。

駐車場脇の道には、早くも会場入りする人々の姿が・・・!

後れをとるまいと、私達も会場へと向かいました。

 

会場入り口に設置してあったパンフレットを手に、いざ参戦!

 

常滑焼まつり ボートレースとこなめ会場へ

会場内は、すでに沢山の人で賑わっていました。

十分早く着いたと思っていましたが、上には上がいますね。

 

みんな気合入ってる~!と思っていましたが、パンフレットの場内マップを見て納得。

なるほど、東側からも入場出来たんですね。

 

山積みされた色とりどりの美しい陶器達に、大興奮の私。

しばし旦那と子供の存在を忘れ、無我夢中でカゴや棚を漁りました。

どれもこれもお手頃価格な物ばかりで、爆買いしたい衝動に駆られました。

 

このカゴなんて、なんと300円ですヨ!

素敵すぎて、もうワクワクが止まりません。

和の中にどこか北欧っぽいようなレトロ可愛さもある、絶妙なカップもございました。

お値段700円、うーん安い!素晴らしい!(●´▽`●)

 

夢中になり過ぎて写真を撮り忘れてしまいましたが、3枚1000円で販売していたお店もあり、大盛況のご様子でした。

あれよあれよと時は過ぎ、気が付くと10時半を回っていました。

周りを見渡すと、さらに人が増えていてびっくり。

会場は益々熱気を帯びてきておりました。

行き交う人々を見ると、戦利品が入っているであろう白い袋をいくつも抱えた方が、あちらこちらにいらっしゃるではありませんか。

すごい、私まだ一つも買えてないのに・・・!(超優柔不断)

迷って後回しにすると、次に戻ってきた時にはもうなかったという、悲しい思いをするはめになるので、気になる物があったら即買いをおすすめします。

(先の写真のカップ、15分後に戻ったらもう買われてなくなってた・・・ショボン。)

 

常滑焼まつり ボートレースとこなめ会場 作家さんブース

1階をグルグル回っていると、端の方に作家さんブース発見!

ふむふむ、「to.to.to.」とな。

どうやらこのブース、色んな作家さんが集結しているようです。

 

中でも目を引く作品があり、ドキドキしつつも作家さんに「お写真撮って良いですか?」とお伺いした所、快くOKを頂きました\(^o^)/

パシャパシャ写真を撮りつつ、じっくりと見させて頂く事に。

独特な絵柄や色の濃淡・・・どうやって絵付けされているんだろうか。

作家さんに直接聞いてみたいが、忙しいだろうな・・・|д゚)チラッ

陶器市初心者のヘタレな私には、声かけすらハードルが高く。

結局聞けずじまいでしたが、端から端までねっとり見れて大満足(*´▽`*)=3

中でも、箸置きにも出来そうな小さな豆皿がめちゃくちゃ気になりました。

可愛い・・・全部欲しくなっちゃいます。

 

常滑焼まつり ボートレースとこなめ会場2階へ

屋内の1階部分は大方回ったため、2階も覗いてみる事にしました。

2階には、うまいものマルシェや企業ブースがあり、こちらも沢山の人で賑わっていました。

企業ブースでは、子供向けにぬりえや絵付けなどの体験を行っていて、家族連れに大人気でした。

 

観覧席

2階競走水面側では観覧席が開放されており、軽く昼食をとったり、休憩されている方が沢山いらっしゃいました。

このようなスペースがあるのは、小さい子供連れとしては大変有難いです。

我が家も、西尾のお抹茶をふりかけた綿あめを食べて少し休憩する事に。

抹茶のほろ苦さと綿あめの甘さが美味でございました(*´ω`*)

来月に開催される、『お茶まつり』のチラシもちゃっかり貰ってきました。

 

常滑焼まつり ボートレースとこなめ会場 屋外の若手作家さんブースへ

さてさて、おなかも少し満たされた所で・・・

かねてより気になっていた、屋外の若手作家さんブースへ☆

東入場門より屋外へ出ると、手書きで書かれた『若手作家(グループ)』の文字が!(((o(*゚▽゚*)o))) ワーイ!

 

アートとして飾っておきたくなるような作品の数々。

それぞれの作家さんの個性が爆発しておりました。

量産品にはない質感や色合い、個性的なデザインに惚れ惚れします。

 

あ!可愛い箸置き発見。

箸置き、好きなんですよね~。

器はシンプルで、箸置きだけ個性的なのをちょこんと・・・大好物です( *´艸`)vv

 

子供達はというと・・・

若手作家さんブースの目の前に消防車・救急車の体験コーナーがあり、

消防服を着て運転席に乗って、大変ご満悦でした!( ̄▽ ̄@)ノ゛

 

お初でしたが、知多半島ケーブルネットワークのちった光イメージキャラクター、

「ちったん」も来てましたヨ~!

子供達「誰?」と戸惑いながらも、笑顔でパチリ!(・v<)-☆

 

陶芸体験コーナー

東入場門近くのやきもの道場では、陶芸体験が行われていました。

ちょうどろくろの体験中でしたが、とっても面白そうでしたヨ。

小学生くらいの子にちょうど良さそうだなと思いました♪

 

1階の階段近くには、授乳やオムツ替えが出来る子供ルームもあるので、赤ちゃん連れでも安心です。

子供向けの体験ブースも豊富にあり、全体的に子連れウエルカムな印象を受けました。

これなら子供連れて気兼ねなく行けそうです(*^-^*)

ちなみに、今回の私の戦利品はこれ♪

色合いと形に一目惚れしました~(●´▽`●)ウットリ

来年は、作家さんの作品もぜひ購入したいと思います!

 

戦利品

 

常滑焼まつり開催情報
 ↓ ↓ ↓



関連記事
愛知県

岐阜県

滋賀県

三重県

関西近郊

陶器市ランキング・人気の陶器市一覧