大阪・京橋で開催された「陶芸ジャパン in 大阪」へ行ってきました。

大阪で秋に開催している陶器のイベント(陶器市)です。

全国の有名な焼き物の産地から作家さんや窯元さんが集まり出店していました。

会場の様子などをご紹介したいと思います。

 


「陶芸ジャパン in 大阪」レポ!

今回訪れた「陶芸ジャパン in 大阪」の会場は、大阪府大阪市中央区にある「TWIN21」という商業・オフィスビルの1Fです。

JR京橋駅からですと徒歩5分くらいです。

陶芸ジャパンの会場となるTWIN21は商業・オフィスビルで、上層階には企業のオフィスが、低層階には飲食店が入っています。

ビルは吹き抜けになっていて、1Fにイベントスペースがあります。

陶芸ジャパン大阪はこの1Fのイベントスペースでおこなわれていました。

私が訪れたのは5日間の開催期間のうちの2日めでした。

会場となる場所がJR京橋駅から徒歩5分とアクセスが良いということもあり、「陶芸ジャパン in 大阪」に行ってみることにしました。

 

JR京橋駅の西口を降りました。改札のすぐ近くに「大阪ビジネスパーク」と書いた連絡通路があるので、ここを通って行きます。

 

連絡通路の中です。

 

こちらが「TWIN21(ツインにじゅういち)」ビルです。TWIN(ツイン)というだけあって双子のビルです。このあたりはオフィス街ですが、川が流れていて緑もあって綺麗な場所です。

 

ビル内に入りました。

 

「陶芸ジャパン 大阪」会場です。

 

栃木県の益子焼です。益子焼といえば毎年春と秋に「益子陶器市」という大規模な陶器市を開催しています。

 

佐賀県の有田焼です。有田焼 惣次郎窯さんです。有田陶器市は全国的に有名な陶器市ですね。

 

滋賀県の信楽焼「炎の味がま(ひのみがま)」さんですが、良い感じの器でした。

 

しかも安くて、湯のみ800円とか、茶碗900円とか、

 

1,000円~2,000円前後が中心です。

 

大鉢2,000円とか安いですよね。居酒屋、小料理屋などの飲食店をされている方にピッタリだと思います。

 

山口県の萩焼(はぎやき)です。萩焼独特の柔らかい雰囲気が良いです。こちらは「松光山(しょうこうざん)」という窯元さんです。

 

三重県の「萬古焼(ばんこやき)」です。光泉窯(こうせんがま)という窯元さんなんですが、北欧風とかシンプルなものとか、今風なデザインが多くて、デザインに力を入れているという感じがしました。

 

萬古焼の土鍋です。萬古焼の土鍋は国内の土鍋の80%のシェアを占めているそうです。かわいい土鍋でした。

 

福岡県の小石原焼(こいしわらやき)です。

 

小石原焼は素朴で温かみのある風合いです。

 

佐賀県の武雄古唐津焼「康雲窯(こううんがま)」さんです。

 

唐津焼(からつやき)は初めて見たのですが、重厚な雰囲気なんですが古さを感じない、独特の雰囲気で良かったです。

 

兵庫県の丹波焼「ココチ舎(ここちや)」さんです。丹波焼は、作家や窯元によって作風がさまざまで、おしゃれなデザインが多くていいです。

 

岐阜県の美濃焼「幸兵衛窯」です。幸兵衛窯は歴史ある窯元で、江戸期に創業され、幕府へ染付食器を納める御用窯だったそうです。六代加藤卓男さんは人間国宝です。

 

幸兵衛窯の作品

 

目の保養になりました

 

 

陶芸ジャパン大阪はすごく良かった

陶器市ではなくこのような雰囲気の陶器のイベントに行ったことがない私は、

最初は陶芸ジャパン大阪は展示会みたいな感じ?敷居が高い感じ?という印象を勝手に持っていて、

行こうかどうしようか迷っていたのですが、実際に陶芸ジャパン大阪に行ってみてすごく良かったです。

 

今風、現代風の作品も多く値段もお手頃価格だった

陶芸ジャパン大阪は、全国から集まった約25店の作家や窯元が自ら店頭に立って販売しています。

今回行ってみて一番良かったところなんですが、陶芸ジャパン大阪で展示販売されていた陶器は、伝統的なものだけでなく、

今風、現代風の作品など新しいデザインも多くて、約25店と会場の規模は小さめながらも見ごたえがありました。

陶芸ジャパン大阪の雰囲気は展示会のような感じなので、価格も高めなのかなと思ったのですが、

1,000円~2,000円くらいの器もたくさんあり、全体的にお手頃価格のものが多いと感じました。

 

アクセスが良い

焼き物の産地など全国各地で陶器市(陶器まつり)は開催されていますが、

アクセスが良くない場所や車がないと行けないような場所での開催が多くなかなか行くことができなかったりします。

陶芸ジャパン大阪のようなアクセスが良いところでの開催は、行こうと思い立ったらすぐに行くことができますし、

長い時間をかけて電車や車に乗って会場まで行くようなこともなくとても楽でした。

綺麗なビル内ですので空調もきいてて快適でしたので、歩きまわっても疲れませんでした。

 

 

さいごに

陶芸ジャパン大阪は、全国の焼き物をいっぺんに見ることができて楽しかったし、私はとても満足度が高かったです。

お近くの方、陶器好きの方はぜひ訪れてみて下さい。

 


 
関連記事
 

 
大阪府

 
京都府

 
兵庫県