「四日市萬古まつり」は三重県四日市市(よっかいちし)で開催されます。

四日市市で焼かれている萬古焼(ばんこやき)の陶器市です。

四日市萬古まつりの日程、時間、場所(会場)、アクセスなど開催情報をご紹介します。

萬古焼がお買い得価格で購入できます。


四日市萬古まつり2019 日程・時間・場所(会場)

四日市萬古まつり 日程・場所(会場)

日程:2019年5月11日(土)~5月12日(日)
時間:9:00~18:00
会場:萬古神社周辺
場所:三重県四日市市陶栄町3-21

四日市萬古まつりは毎年5月の第2土・日の2日間開催されています。

メイン会場となる場所は「萬古神社」周辺で、萬古神社の向かい側にある「ばんこの里会館」では展示や絵付けや陶芸体験のイベントなどもおこなわれます。

萬古神社
(三重県四日市市陶栄町3-21)

 

四日市萬古まつりはどんな陶器市?

四日市萬古まつり昨年の様子
 

 

四日市萬古まつりでは、萬古神社の周辺が会場となり、約40の萬古焼の卸問屋や窯元など白い特設テントが並びます。

販売される萬古焼は食器、土鍋、急須、花器、植木鉢などで、市価の3~7割引きで購入できるとあって、四日市萬古まつりはにぎわいます。

四日市萬古まつりは萬古焼の器を安く買える、お買い得価格で購入できる陶器市です。

最近ではおしゃれなデザインも増えてきていますからぜひ訪れてみて下さい。

 

萬古焼の特徴としては、陶器と磁器の間の性質を持つ「半磁器」という特徴があります。

萬古焼は土鍋や急須が有名ですが、とくに土鍋にいたっては全国80%以上のシェアを占めるという、萬古焼は「土鍋日本一」なのです。

高熱を加えても割れない土(陶土)の開発に成功したことがきっかけで、耐熱性に優れた「割れない土鍋」として国内シェアの大半を占めるようになりました。

もちろん四日市萬古まつりでは、土鍋日本一というだけあって萬古焼の土鍋はたくさん販売されています。

数百円からといった激安価格で萬古焼の土鍋が販売されていますから、ぜひお買い得価格で手に入れて下さい。

 

 

四日市萬古まつり アクセス

電車でのアクセス

四日市萬古まつりへのアクセスですが、電車で行く場合は、近鉄「川原町駅」が最寄り駅となります。

会場までは、最寄り駅から徒歩5分です。

 

車でのアクセス

四日市萬古まつりへのアクセスですが、車で行く場合は、

■東名阪四日市東インターより約15分
■東名阪四日市インターより約25分
■湾岸みえ川越インターより約25分

です。

 

 

四日市萬古まつり 駐車場

四日市萬古まつりの駐車場は、海蔵川の河川敷に臨時駐車場(無料)が設けられています。

ほとんどの方はこちらに駐車しますが、会場から徒歩7分ほどの場所にある「三重県工業研究所 窯業研究室」の敷地内も駐車場となります。

また、会場となる萬古神社周辺は、まつり期間中は車両通行禁止となりますのでご注意下さい。


 
関連記事
 

 
三重県

 
愛知県

 
岐阜県

 
滋賀県

 
京都府

 

LINEで送る
Pocket