大阪・万博記念公園の陶器市「全国大陶器市」は大阪府吹田市での開催です。

毎年春に開催されており、「万博記念公園 桜まつり」と同時におこなわれるイベントです。

全国大陶器市 万博記念公園での日程、時間、場所(会場)、アクセスなどの情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

全国大陶器市 万博記念公園2019 日程・時間・会場の場所

【全国大陶器市 万博記念公園】

日程:2019年3月下旬~4月中旬
時間:10:00~18:00
場所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
会場:大阪万博記念公園「東の広場」西側園路
主催:全国大陶器市振興組合
入場料:自然文化園の入園料が必要

 

 

万博記念公園の陶器市「全国大陶器市」は毎年3月下旬~4月中旬に開催されています。

会場となる場所は、大阪府吹田市にある「万博記念公園」です。

 

 

万博記念公園(大阪府吹田市千里万博公園1-1)

 

 

スポンサーリンク

 

 

万博記念公園の陶器市「全国大陶器市」

 

大阪・万博記念公園の陶器市「全国大陶器市」は毎年春に開催されています。

全国大陶器市とは「全国大陶器市振興組合(佐賀県西松浦郡有田町)」が主催となり、都市公園を中心に日本各地で陶器市を開催しています。

益子焼(栃木県)、笠間焼(茨城県)、美濃焼(岐阜県)、織部焼(岐阜県)、九谷焼(石川県)、瀬戸焼(愛知県)、信楽焼(滋賀県)、清水焼(京都府)、備前焼(岡山県)、砥部焼(愛媛県)、有田焼(佐賀県)、伊万里焼(佐賀県)、波佐見焼(長崎県)、小石原焼(福岡県)、小鹿田焼(大分県)、壺屋焼(沖縄県)などです。

万博記念公園の陶器市「全国大陶器市」に出店するのは全国各地の焼き物の産地の卸業者、窯元など約40業者です。

茶碗、皿、湯飲み、どんぶり、花びん、アウトレットや半端品、見本品なども並び、市価の3~5割引で購入できます。

 

スポンサーリンク

 

万博記念公園は、日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を整備した公園です。

太陽の塔が有名で、博物館、競技場、野球場などがあります。

全国大陶器市の会場は自然文化園「東の広場」西側園路です。

 

 

 

 

全国大陶器市 万博記念公園 アクセス

 

陶器市会場の場所は、万博記念公園「東の広場」の西側にある通路(赤丸で囲っているところ)が会場となります。

「万博記念公園駅」を降りると、道なりに歩いて行けば自然文化園の中央口(太陽の塔の前)まで続いていますので、ここで自然文化園の入園料を払います。

「公園東口駅から」は、陶器市の会場となる場所の北側に小屋のようなものがありますが、ここが自然文化園の東口です。公園東口駅から行く場合はここで自然文化園の入園料を払います。

万博記念公園駅から自然文化園中央口までは徒歩で約5分、公園東口駅から自然文化園東口まで徒歩で約5分です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

電車でのアクセス

 

最寄り駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」または大阪モノレール彩都線「公園東口駅」

 

■以下の路線、駅から大阪モノレールへ乗り換え

阪急線:南茨木駅、山田駅、蛍池駅
地下鉄御堂筋線(北大阪急行線):千里中央駅
地下鉄 谷町線:大日駅
京阪本線:門真市駅

 

新幹線でのアクセス

新幹線「新大阪駅」下車。 地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)で「新大阪駅」→「千里中央駅」へ。 大阪モノレールで「千里中央駅」→「万博記念公園駅」下車。

 

 

車でのアクセス

■中国自動車道「中国吹田出口」
■名神高速道路・近畿自動車道「吹田出口」
■千里インターチェンジ

 

駐車場

■東駐車場(998台)
■南駐車場(1,218台)
■中央駐車場(971台)
■西第1駐車場(691台)
■日本庭園前駐車場(612台)

 

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

陶器市 大阪で開催される陶器まつり一覧

陶器市 京都で開催される陶器まつり一覧

陶器市 関西で開催される陶器まつり一覧

 

 

スポンサーリンク

 

 



楽天トラベル クーポン一覧



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket